-

民事再生はマンション等のローンを含む多重債務の問題に悩むひとのために、マンションを維持しつつ金銭管理の面で再生するための法による借金整理の手段として適用された解決策です。この法律には、自己破産とは異なり免責不許可事由はないので散財などで借金ができたような場合もOKですし破産宣告をした場合は業務できなくなるようなポストで仕事をしているような場合でも制度の活用が可能です。破産宣告では、住んでいるマンションを残すわけにはいきませんし、特定調停等では、やはり元金は返済していく必要がありますので、住宅ローンも払いながら完済するのは現実問題として簡単ではないと思われます。しかし、民事再生という手順を選択できれば、住宅のためのローンを除いた借り入れについては多くの金額を減額することができますので、余裕を持ちつつ住宅ローン等を支払いつつあとの借入金を払っていくようなことができるということなのです。民事再生という選択肢は任意整理または特定調停といった手続きと異なりある部分だけの債務だけを除いて処理することは許されませんし、破産申請の際のように借り入れ金自体が消滅するということでもありません。これ以外の解決手順と比較すると手続きの方法がこみいっていて期間もかかりますので、住宅ローン等を組んでいて住んでいるマンションを維持していきたいような状況を除き、自己破産のようなそれ以外の方法がとれない場合だけの最後に考える方法として考えていた方がいいでしょう。

Category

リンク