-

実際にPCの画面の前で上下している為替レートを目を向けていると、何やらトレードをしなければならないという感情が生まれる場面も少なくないと思います。だがしかし、なんとなく思いつきでエントリーするのは、決してしてはいけません。知っての通り、外国為替市場は四六時中常時外国為替相場はオープンしているし、為替レートも休みなく変動している。だからといって、頻繁に注文を重ねているとその回数分だけ損失が生じる可能性が高くなってしまいます。当たり前ですが、注文の回数を経験することによって少しずつ勝つ可能性が50%、50%になるのは周知の通りです。しかしそれは「なんだか分からない思いつきでエントリー」することとは別の問題です。取引回数を重ねるという意味は自ら「ここがチャンス」と考え付いた確信を得たところでの売り買いの回数を積むという事を言っています。格段の理由がなく、注文を重ねるのとは違います。外国為替相場の勝負に立ち向かうためには、自ずから緩急をつけることこそが重要です。「ここがチャンス」と思った為替相場の時には保持ポジションを多くして積極的に利益を狙います。「ちょっと分からない外国為替相場でどう動くのか思いつかないな」と思った時は思い切って所有ポジションをひとつ残らず諦めて何もしない。このくらいのテンポでやった方が注文は儲けられます。市場の名言には「休むも相場」というものがある。まさにその通りです。取引とはいついかなる時でも売買ポジションを保有する事が肝心な事ではなく、何も持たないでじっと見ていることも、相場です。じゃあ、いつ休む必要があるのでしょうか。第1に言われるのが前に述べたように、最近のマーケットが今ひとつ難しいときです。どちらにいくのか明確でない時は考え無しで行動すると、あなたの書いた脚本とは逆方向に為替相場が変動してしまい、損する事になってしまいます。だから、こうしたケースではポジションを整理して、そのまま見ているだけがいいだろう。もうひとつは、自分自身の体の具合が変なときです。健康状態と相場に関係性はないと考える方もいると思いますが現実には考えている以上に関係がある。健康状態がすぐれなければ、外国為替市場のミスできない場面で、落ち着いた判断を下すことが難しくなります。関心がわかない時はマーケットから目をそらす事も重要な事です。

Category

リンク